2013年6月29日土曜日

ルーピン栽培 45日経過

皆様

ご無沙汰しておりました。

個人的な事情で最近ばたばたとしており、
前回の投稿から期間があきました。

さて、ルーピンの栽培の経過報告です。

共同研究者で、今回のルーピン栽培をご指導いただいた先生からは、
現在使用している根箱のサイズであれば、
大体1か月程でルーピンは30㎝位の高さに成長し、
それで生育がとまる、という風に伺っており、
その情報を基に今回の栽培実験(あくまでも予備試験ですが)を行っています。

で、下が45日目の写真です。


これ、まだまだ小さい(15㎝位)です。
なぜこんなに小さいのか・・・。
失敗??ではないにせよ、なんか納得が・・・。

実は今回の栽培試験では、
ルーピンの真の実力(というと、言い方が変ですが)を知りたかったため、
窒素等の必要な養分(いわゆる肥料)を与えずに栽培を行っています。

つまり、ルーピンが自力でどれくらいリンを吸えるのか?
ということを知りたかったのです。

そのため、おそらくはこの、
土壌中の養分不足が原因なのだろうと思われます。

確かに振り返ってみると、
最初の10日位まではすくすくと育っていたのが、
20~30日目以降になると、
上に伸びるというよりは、
横に(茎の数が増える)伸びていた印象をうけます。
きっとこの辺りから土壌中の養分がなくなってきていたのでしょう・・・。

まぁ上から見ると
赤ちゃんの手のひらみたいな葉が広がっていて、
かわいいのですが。。。

で、根の張り具合は?というと、


こんな具合になっています。
見た目にも、かなり根が張っているのがわかり、
うれしくなります。

下の方の根の部分を拡大した写真が下になります。



これは上下がさかさまの写真なので、
下から上に根が伸びている所です。

ルーピンの根は、
主に太い主根がまっすぐに下の方へ伸びていきつつ、
その主根からでる細い側根がどんどん伸びてきて、
さらにその側根から細い根がたくさん“わしゃわしゃ”っと伸びてきます。
この、“わしゃわしゃ”っという細い根が、
土壌中の難溶性リンを吸収する際の重要な部位であることが
すでに先行研究等で明らかになっています。

今回の研究の目的の一つに、
この“わしゃわしゃ”根のすぐ近くの土壌(根圏土壌と呼びます)において、
土壌中の難溶性リンがどれくらい可給化しているのか?
に関して、根圏土壌を分析することで明らかにしたいと考えています。

もちろん
最終的にはアフリカ(タンザニア)の土壌を用いて、ですが。

さて、これだけびっしりと根が張っている、とはいえ、
ルーピン自身がたくさんリンを吸収してくれないと、
根圏土壌中の難溶性リンの減少(=可給化)が
明瞭に観測できないことが予想されるので、
ルーピンにはもっと成長してもらわないと困るのです。

そこでひとまず、
いくつかのルーピンには窒素肥料を上げることにします。

おそらくは
あと2週間~4週間ほどで枯れることになる(寿命で)ので、
それまでに出来るだけ大きくなってもらうことを期待します。

それではまた続きを
(次は窒素肥料の効果について、でしょうか?)
報告したいと思いますので、
どうか気長にお付き合いください。

それでは!





1 件のコメント:

  1. 中原@japanprizeです。先生の研究、面白いですね!
    文科系の人間にもよく解る、解説のうまさにもその理由があると思います。
    現地の土を使っての実験は、現地で行うのですか?土を特別な許可を取って輸入するのですか?
    いずれにせよ、現地の人々の生活改善に結びつくような成果が出るといいですね。。

    返信削除