2013年7月24日水曜日

ルーピンの収穫 ⇒ クラスター根!!

みなさま こんにちは。

さて、先週宣言した通り、
ルーピンの収穫 
⇒ 土壌試料と植物体(ルーピンの茎・葉・根)の採取を行いました。

2か月かけて育ったルーピンは最終的に下の様になっていました。


根がびっしりとはっています(ひつこいようですが…)。

そして、箱の真ん中の上の方、
根が一番張っているところが白く見えるかと思いますが、
これ、実際に白いんです。

根が水分を吸った結果、
根の周りの土壌が乾燥し、
その結果、白く見えています。

最終的に、この根箱には水を40mlほど与えていました。
前日の夜に水をあげたのち、
次の日の朝にみるとこんな感じになっていました。
根、がんばってんですね(収穫しちゃったけど…)。

まずは、こんな感じで根をがっつりととり、
下の写真で見える、根の周りの根圏土壌を採取しました。


この根の周りの、軽く手でふるい落としても簡単には落ちない、
根にこびりついている土壌が根圏土壌だといわれています。

根の周りの土壌のうち、
簡単に落ちる土壌をどんどんと落としながら、
根にひつこく(?)こびりついている土壌を
根圏土壌として採取しました。

そしてそして、この大きな根系以外の、
土壌中に埋もれている根の周りの根圏土壌も
引き続き採取しつつ、
その後、根のサンプル自体も採取していた過程で、
とうとう発見しました!

『クラスター根』(らしきもの)です!!


この根の変な形、わかりますか?
しばしば『ブラシ状』と形容される、
クラスター根。
初めて実物を(自分の試料として、ですが)見て感動しました。

土を取り除くとこんな感じです。


どれも、真ん中らへんがブラシ状の、細い短い根が、
まさにブラシの様にわしゃわしゃっと伸びています。

このクラスター根の周辺で特に難溶性リンが可給化している、
とのことです(先行研究によると)。

最終的に、
大きな根の形状は下の様になりました。


前にも書いた気がしますが、
クラスター根は主根ではなく、
側根に出来るらしいです。
確かに、クラスター根は根箱の真ん中より下の方
(すなわち地上部よりも遠い側根)で、
多く見つかった気がします。

この根箱には大体800gほどの土壌が入っていたのですが、
根圏土壌として採取できたのは、
1つの根箱につき、6~8g程でした。

すんごい少ないですよね。

この根圏土壌とともに、
非根圏土壌として、
根圏ではない部分の土壌を採取するとともに、
植物体試料(根・茎・葉)を採取しました。

今後は植物体を乾燥させて重さを測ったのち、
ルーピンが吸収した炭素・窒素・リン量を測定するとともに、
根圏・非根圏土壌の化学分析に移りたいと思います。

またぼちぼちと結果が出たら報告したいと思います。
乞うご期待を!

あと、以前コメント欄に質問がありました、
海外土壌の輸入に関してです。

日本で海外の土壌を用いて実験をしたい、
さらには栽培実験をしたい、
という場合には、それぞれ特別な手続きを取る必要があります。
(とくに栽培実験をしたい、という場合にはその手続きは大変なようです)

海外の土壌を用いた研究を行う機会が多いために、
上述の手続きを取って、
海外から日本に土壌を輸入しています。

今回助成していただいているような研究テーマの場合、
海外でのルーピン栽培を行うことを予定しています。

しかし今回も、
現地で栽培実験を行ったうえで、土壌試料を採取し、
この土壌試料を国内へ持ち帰ることを予定しているため、
きちんと輸入手続きを行う予定です。

みなさん、
気軽に海外の土壌を持ち帰ってはいけませんよ!!
検疫所でひどく怒られますからね・・・。

それではまた。
失礼します。

杉原

2 件のコメント:

  1. 杉原先生、毎度です。Japan Prizの中原です。面白いですね~
    毎回楽しみに見ています。
    難溶性土壌リン吸収の仕組みが、正確に解るといいですね。
    いったいどういう仕組みで、ルーピン君は、取り込んでいるのでしょうね?
    その仕組みが判明したその先の展開はどのように想定されているのですか?よろしかったら、こっそり教えて下さい。

    このような、特殊な能力を持った植物に関する研究はどのような汎用性があるのか?ケースバイケースなのかもしれませんが、知りたいところです。

    返信削除
  2. 再び、中原です。書き忘れました。
    検疫ですが、大昔、生ハムの巨大な塊を、検疫というものがあると知らずに大枚をはたいて購入し、スーツケースに入れて帰国したところ、税関で発見され、「これ、ダメです。没収します」と言われて、スーツケースから出されるだけならまだしも、近くのごみ箱に、ドサッと捨てられました。ショックでした。それ以外のお土産は何一つ買っていなかったものですから。

    同じ肉でも、スモークサーモンなど、海系のものは検疫には関係ないんですね~。検疫官に聞いたら、「海は、つながっているでしょ!」ですって。。ホンマカイナ??という感じがしたのを
    覚えています。じゃ、鳥類の肉は??空は、つながっているでしょ?と言い返したくなりました。

    食べ物の恨み。こちらも記憶に残りますね。。

    返信削除