2013年10月27日日曜日

タンザニアより帰国しました。。。

皆様

こんにちは、杉原です。
週末にタンザニアより帰国しました。

色々と報告すべきことは多い気もしますが、
とにもかくにもルーピンの栽培試験に関しての報告を!

まずは下の写真を!



ルーピンのポット試験を開始してきました!
1つのポットに4つ種をまき、育ってきたら2つに減らす予定です。

色々な処理区を設けた結果
結局は100個以上のポットを現地で自作し、
温室内で栽培を行うことになりました。


結構な数です・・・。

ちなみに水遣りをしているのが、
私が所属している研究室の修士一回生の富田君です。

彼はこれから年明けまでの3か月にわたり、
現地に滞在し、栽培試験を行います。

体調を崩さず頑張ってほしいものです。

今後は定期的に彼から現地の栽培試験の様子を報告してもらおうと考えています。
お楽しみに。

ちなみにタンザニアの風景ってどんなもの?
ということはみなさんあまりご存じないかと思います。

これがタンザニアだ!とはいいませんが、
これもタンザニアです。

という紹介のために少し写真を。。。



かなり乾いています。
ここらあたりの年間降水量は800㎜程度です。
日本の半分くらいです。
もう一枚。



空が青いっすね!

また詳しく報告させていただきたいと思います。

それではとりいそぎ!!

杉原

3 件のコメント:

  1. 杉原さん

    お帰りなさい。富田さんからの今後のレポートなどもたいへん楽しみですね。
    ところで、長期間の間、どういう食生活をされるのですか?言葉は何語を使っているのですか?
    僕の親友がアフリカの無電化地域に3か月ほど住んでいた事があるのですが、まさに太陽と共に起き、太陽とともに寝るような非常に健康的な生活をしていたらしく、日本に帰って体調を崩しかけたと言っていました。

    想像した事が無かったので、聞いた時はすごく新鮮に感じたものです。

    返信削除
  2. 中原さん

    コメントありがとうございます。

    今回の試験は、現地の大学内の圃場や温室を使用させていただいており、おかげで大学内の宿舎で生活しています。
    宿舎内にはキッチンがあるので、自炊をしようと思えばできる環境です。
    電気や水も基本的には(あくまでも基本的には、ですが)あります。
    有難いことに。

    でもやはり夜は日本にいるほどすることもないので、
    現地での生活になれればなれるほど、
    早く寝て、早く起きます(笑)。
    本当に健康的になりますよ、現地で生活をしていると。

    ちなみにタンザニアはスワヒリ語です。
    映画『ライオンキング』で使用されている言葉がそうですね。
    『ハクナマタタ:なるようになるさ!』という言葉が個人的には好きです。

    返信削除
  3. ハクナマタタ。。。ですね。覚えておきます。考えてみるとこのような意味合いの言葉は、どの言語にもあるみたいですね。 でも、そこに「神」が出て来たりする事もあるみたいで、そういう表現の成り立ちって面白いと思います。

    返信削除