2013年12月25日水曜日

タンザニアからの実況中継~その④ 栽培報告

皆様ご無沙汰しております。
師走ですね・・・。

何かと忙しく、
私がいる研究室でも、
皆、卒論・修論・博論の取りまとめに向けて、
最後のラストスパートに入っています。

皆が長い年月をかけて努力を積み重ねてきた成果が
結実する瞬間というものは、毎年見ていますが良いですね。

さて、タンザニアの富田君から、報告をもらったのでUPします。
このルーピンの収穫のために、
私も年明けに再度タンザニアへ向かいます。

******************************************

こんにちは、富田です。

タンザニア滞在も、残すところあと1カ月を切りました。
残りの滞在期間中、体調を崩すことなく、ルーピン達と共に頑張っていきます。

さて、まずはしばらく報告できていなかった、当初の計画通りに栽培しているカウピー、キマメ、ルーピンの現状を報告させていただきます。


まずは、カウピーから報告します。



現在、栽培62日目。高さ22cmほどの大きさに育っています。
しかし、ここ3週間ほど、大きさと葉の枚数に変化がないため、今後どう成長していくのか、不安もありますが、様子を見ていきます。

続いてキマメ。



栽培日数58日目。
だいぶ成長しました。
高さ41cmほどにまで成長しています。

毎週徐々に大きくなっていくキマメ。今後の成長が非常に楽しみです。
また、バイオマスだけでなく、根圏土壌での化学性の変化(pH変化やリン画分の変化など)が気になるところです。

そして、ルーピン。



写真の撮り方が、カウピー、キマメとは異なりますが、
ルーピンに関しては、葉の量に大きな変化が生じたので、このような写真をアップしました。

現在栽培60日目。ルーピン達が感染したのが、栽培3週目(栽培21日)ごろでした。それから、大きさの成長はストップしていまっていたのですが、最近、葉の量に変化が現れました。
ご覧の通り、土壌表面に病気で枯れてしまった葉が写っていますが、
一時期、ルーピンの葉の量が著しく減少しました。

しかし、栽培5週目(栽培35日目)以降、葉の量が増加し始めました。

日本に滞在していたときに行った実験で、
葉の量が著しく増加していき、開花した。

という栽培経験があるため、
今後、感染しているものの、開花してくれるのでは!?と、期待しています。


そして、前回、もう一度同じ実験系を作製し、やり直す、と報告させていただいてから、
はや1週間が経過しました。

やり直しの実験系の様子が以下のようになります。







様子は、初めてブログ投稿させていただいたときと同じ様子です。
病気にかからないよう、農薬処理は行ったので、
今後、立派に育ってくれることを期待しています。


それでは、最後に私が滞在している近くの市場の様子をアップさせていただきます。



バケツやポリタンクが山の様に積み上げられています。
この様な商売の仕方で食べていけるのかな?

なんでバケツを売ろうと思ったのか?などとも思いますが、
どの店もこの様な感じで、特定の商品のみを大量に仕入れ、販売している店が大半です。

市場や街、大学内や人々の生活を見て、
いろいろ感じ考えさせていただいています。


それでは、今回の報告はこの辺で。
また報告させていただきます。


富田

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

0 件のコメント:

コメントを投稿