2016年1月3日日曜日

あけましておめでとうございます! ご報告

皆さま

あけましておめでとうございます、杉原です。

長らくブログをUPしていなかったのですが、
その間色々とありました。。。

とにかく、2つ、報告をば。

まず1つ目に、私は平成28年1月付で、
東京農工大学のテニュアトラック推進機構、という部署に異動になりました。
具体的には、農学部の土壌学研究室へ配属してもらい、
そこで特任准教授をやらせて頂く予定です。

今回の異動に関しては、
色々なご縁があって、非常に幸運にもこの異動が成立した、と考えており、
関係者の皆様には、非常に感謝しております。
本当にありがとうございました。

少しづつではありますが、
良い研究をすることで、恩返しをしていきたいと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。


そして2つ目に、おそまきながら、本財団より助成を頂きました研究成果の一部が、
ようやく論文として受理されました!! (やりました!!)

リンクはこちら

このルーピンネタはここで出版したい!とかねがね思っていた、
Biology and Fertility of Soilsという国際誌に、
わりとすんなりと受理された、ということで、
この研究の意義や新規性に、改めて自信を持ちました。

この研究の成果を大きく(ざっくりと)説明させて頂きますと、
シロバナルーピン、という、
普通の植物では利用できない難溶性リンを特異的に吸収できるマメ科植物のすごさを、
他のマメ科作物との比較により、分かり易く評価・明示した点にあります。

また、この研究を、作物の生産性がリンによって制限されることが非常に多い、
サブサハラアフリカの代表的な土壌試料2点を使用して行った点も、
今後の研究の方向性として非常に重要であると考えています。

今回の結果から、熱帯の強風化土壌においては、
ルーピンは他のマメ科作物が利用していない(できない?)、
アルミや鉄と弱く結合した無機態リンを特異的に溶かし、
それを吸収していることが示されました。

今後は、この研究で得られた成果を基に、
ルーピンを使用した生産性の向上に関する研究へと発展していきたいと思っています。
(先立つもの=お金はまだ確定していませんが・・・)

このネタ以外にも、
色々と進行中の面白い(と自分では思っている)テーマがいくつもあるのですが、
今回の異動を契機に、
またぼちぼちとUPしていきたいと思います。

というわけですので、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


杉原拝

0 件のコメント:

コメントを投稿